ドリームキッズリトルの魅力は、やっぱりリトミックレッスンがあるところです。

ドリームキッズリトルの魅力は、やっぱりリトミックレッスンがあるところです。

こんにちは。阿部さつきです。

今回は、10年幼稚園教諭を勤められ、現在は保育士としてドリームキッズリトルにお勤めの先生のインタビューを、ご紹介いたします。

幼稚園と保育園は、同じく子どもを相手にする職業ですが、まったく勝手が違う内容のお仕事のようですね。

一般的に保育士は、幼稚園教諭より、子どもと接する時間が長いので、保育の時間を充実させるのが、保育士の先生の一番の悩みでもあるようです。

その大きな課題である、保育の充実に、一役も二役も買っているのが、ドリームキッズリトルで導入している、「リトミックレッスン」だ、と何度も強調されています。

リトミックレッスンを受けている子どもたちが、回を重ねるごとに、音に反応し、心と体で表現している様子に感動した、とおっっしゃっていました。

また、もう1つドリームキッズリトルの魅力に挙げられているのが、毎日ネイティブ講師の英語に触れられる時間がある、ということです。

小さい時期から、本場ネイティブ講師の姿や、発音に触れることで、グローバルな感覚を養うことができますね。

ことも達が、ネイティブ講師との交流をする姿に、順応性の高さを日々実感しているそうです。

ドリームキッズリトルは、保護者からも、現場で働く保育士からも魅力あふれる保育園なんですね。

そんな魅力がいっぱいの、ドリームキッズリトルで一緒に働きませんか。

現役保育士のインタビューの様子はこちらから、ご覧いただけます。